北海道の写真家廣澤順也のブログ


by j-hiro2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

札幌で子グマが衰弱死

札幌で桜が咲きました。ようやく暖かくなってきました。
d0055635_2129158.jpg

ところが、、、、ニュース記事によると
「10日午前9時ごろ、札幌市中央区盤渓の林道を子グマがうろついているのを散策中の男性(57)が発見した。札幌西署員が一時捕獲、地元猟友会のメンバーが付近を捜索したが近くに親グマはおらず、同区役所職員などと検討し、親グマの元に戻すことに決め、午後2時過ぎ、発見場所から山中に放した。子グマは生後4カ月ほどのヒグマで体長約40センチ、約8キロの雌。やや衰弱した状態だった。発見された場所は、最も近い民家から約500メートルの距離。同区役所員は「クマは自然に戻すのが一番。早く親グマに迎えに来てほしい」と話している」
ところが翌日、死んでいる子グマが発見されました…
実はこの日の夕方雨が降っていました。体温を奪われて衰弱死してしまったのです。

もし、これが人間の子供だったら ?
迷子と勘違い→警察に電話→保護→親が見つからず雨の中もといた場所に置いてくる
こんなことがあったとしたら大変ですよね?
問題点は?
1、勝手に迷子の子グマと勘違い
2、報道陣を引き連れて大勢で山に戻って離した事、保温対策をしなかったこと
などなど人間の責任なんですよ
北海道には、札幌近郊にもクマさんは暮らしています。
ぜんぜん珍しい事ではありません。
人間が大騒ぎしすぎという一件でした。
クマさんが悠々と暮らす土地であってほしいです。
by j-hiro2004 | 2006-05-12 21:55 | 今日の写真